色鉛筆

f:id:tenuguisan:20160508114436j:plain

16時ごろ
すずめ、二羽、散歩。
カラス、北海道の電線。それから、長野の電柱あたり。
屋根を飛び越える鳥一羽。

お昼過ぎ
カラスが九州の電線、西あたり、向いてなき、西あたりへ飛んでいく。
以前は、このあたりからカラスがすっとんできて、関東の電柱あたりに立っていたら、ぶつかりそうになったことがあり、その時、無音と、書いたが、これが、熊本震源、東京まで揺れた、M7以上のものだと思う。
キジバトは、九州の電柱の根元を歩いていた、それも同じ。

すずめ、関東、と、少し西。尾長、茨城から福島あたり。西へ飛んでいく。

歩き出したら、尾長が鳴きながら飛んできて、頭のイチメートルくらい上を通過、木にとまる。そうしたら、次々、順番にきから飛び立った尾長が、電線へ。四羽いました。
尾長は、ハシボソガラスと似ている。
順番に、綺麗に。
民族なら稲作農耕民か?順番に、綺麗に?


小さな鳥が、アンテナで、北、南、南東あたり。小さいからあまりはっきりわからない。
ホオジロかなあ~