読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椋鳥がアンテナで南東~南 カラスが屋根を飛び越えた。

ウチは1~3。
屋根にのっていたかもしれないから。

18時前
玄関前にいたら、後ろ、家の屋根あたりから、犬の鳴き声、え~と思ったら、鳴きながら尾長が飛んできて、目の前電線にとまる。尾長が犬の鳴き声わーしたのか?と、半信半疑。
尾長は、糞をして、しばらくしたらバタバタと屋根を飛び越えるおてりで、もっと大きな羽音がし、頭のうえで、尾長とカラスか交差し、カラスは低く
北~北東?あたり、尾長は南~南西あたりへ、二羽とも屋根を飛び越えた。
ま~びっくりした。
そのとき、さんわのすずめ、高めの空、西へ向かい、戻ってきたおなが、北西の電線にとまり、こんどほ、屋根の西側を飛び越えた。
犬の声は、カラスだったのか、尾長だったのか?
動物の声は、近くも、という感じ。

やはり、忘れていた。
午前中
カラスかアンテナのある屋根のうえ、こんどは、南、南東、東あたり。

12時ごろ
たくさんで忘れそう!
カラス、長野、新潟~岐阜、滋賀、北陸の電線で、西向いてとまる。
そのあたりのアンテナで、カラス、西とか南西。

そのあと、北海道と青森あたりをすずめを追いかけ一週。

北海道の電線に、カラスか?

関東にすずめ、南西諸島、沖縄に、椋鳥6羽。ときどき、真下の地面に降りる。これは範囲はそこだけ、みたいなことかも。

中国地方か四国あたり?か、九州、カラス一羽。
九州に、カラス一羽。
カラスは二羽とも、東向き。

竹藪でそわぐ、尾長数羽。竹藪にひくくつっこむ、尾長一羽。
すずめ、いつのまにか足元。
すずめ、家の屋根を飛び越える。
その向こうなね、キジバト

9時30分ごろ
すずめ、二羽、アンテナのある屋根で、東あたり、南あたり。
また、一羽は、北。
カラスが同じ場所で、北をないたのはまだ終わっていないみたいだ。陸で北。

椋鳥かアンテナで、南東~南あたり。
それから、北西あたりへ飛んでいく。