すずめより大きな鳥が屋根を飛び越える~

15:30~

カラスが北海道で北向き~

また、二羽のカラスが北海道にとまっては、地面か水場に降り、それを繰り返す~

すずめ八羽関東から東北の電線~

すずめ二羽、関東より西にてまり、20羽くらい、地面にいたのがいっせいに飛び立ち~

何羽かは九州あたりかもっと西へ~

カラスはまた、東北奥?あたりの電柱~

カラスが鉄塔で東~北東~

13:00~

鷺が北海道の電線~

お昼頃め賑やか~

10:30~

カラスが二羽、低く飛んできて近くを歩く~近くで見るカラス、光沢、そしてデカいハシボソガラス~こんなに立派なハシボソガラスだったのか~

ハシブトガラスよりハシボソガラスのほうが集団だ、ハシボソガラスは弥生的でハシブトガラスは縄文いや、石器時代人、日本では岩宿人的か~

豆粒に見えるほど高く飛ぶカラス二羽~外国~

10:00~

すずめより大きな鳥がアンテナで北、南、なを南西あたり、南西かも?~

09:40~

すずめより大きな鳥、三羽~一羽は前の家の屋根、北かか北東にのり動きも素早く~
一羽は、東の電線で鳴き叫ぶ~
一羽は屋根を飛び越える~

08:00~

カラスが鳴いていたようだがぼんやりしていた~